おやこCANトップ > 特集:親子でチャレンジ!みかんアート
商品名で探す くわしく検索

みかんをむきながら、いろいろな形を作る「みかんアート」。特別な道具は何もいりません。子どもと一緒に作ったり、作品を見せ合ったりすれば、会話もぐっと広がりそうですね。ここで紹介するものを参考に、オリジナルの作品を作っても。この冬は家族みんなで「みかんアート」を楽しんでみませんか?
監修/笹川 勇(カンタン作家・放送作家) 
構成・文/小園まさみ 小菅由美子 イラスト/はしあさこ

みかんアートを楽しむポイント

特集 親子でチャレンジ!みかんアート

まずは簡単な「お花」を作りながら、ほかの作品にも共通する、むき方のポイントを押さえましょう。

むき方のポイント
お花

みかんをへそ(へたと反対のほう)からむき、花びら用の小片を6〜8 枚作る。

みかんを事前にもんでおくと、皮がむきやすくなります。

残した丸い部分をみかんから外して裏返し、1の花びらを付ける(白い部分同士を押し付けるとくっ付く)。

表に返す。

1の残りの部分の皮を、へたの周りをきれいに丸く残してむく。

切り取るラインに、つめで切り込みを入れておくと、子どもでも簡単にきれいにむくことができます。

 
初級編 みかんで動物園を作ろう!
うさぎ

へそに親指を差し込み、へたの部分はつなげたまま半分に割る。

片方をさらに半分に割って耳を作り、実を外す。

ひっくり返して油性ペンで顔をかく。
※シールに目をかいて、はってもOK!

下半分もさらに半分に割り、実を外せば、ちょうちょに変身!

ほかのみかんの皮で、模様を作って付けても◎

かたつむり

側面の皮に、つめでU字型に切り込みを入れてむき、頭を作る。

 

斜線の部分をちぎり取る。

 

むいた部分を下にして置く。

 
ぞう

へそ側の皮に、つめでU字型の切り込みを入れてむき、鼻を作る。

 

鼻の両側に、耳の形につめで切り込みを入れ、むく。

 

左右の耳をしっかり広げ、目をかく。

 
 
中級編 みかんで水族館を作ろう!
かたつむり

へそから皮を4枚にむき、へたの周りは切り離さないで残す。

むいた皮をそれぞれ2枚に裂いて、8本の足にする。

足の形を整える。

かたつむり

へそに親指を差し込んで半分に割り、両方の実をすべてはずす。

2枚の皮を比べて大きいほうを選び、斜線の部分をちぎり取って、体の形にする。

小さいほうの皮を裏返す。

大きい皮の上に、小さい皮を載せる。

 
うさぎ

へそ側の皮に、つめで図のような切り込みを入れ、斜線部分をちぎり取る。

両側面に点線のように切り込みを入れる。

くちばし、足、翼の部分の皮を少しめくる。

 

目をかいて立たせる。

頭につめで耳の形に切り込みを入れ、むいて立てたら、ねずみに変身!