おやこCANトップ > 動物園日記
商品名で探す くわしく検索

動物園日記 「動物園日記」では、飼育員さんに聞いた、動物たちのとっておきの話を紹介します。

ご機嫌斜め?威嚇中のノーマルちゃん。

サバンナのエリアを走り回るダン君やノーマルちゃん。元気で移り気なダチョウたちの話を聞いてきました。

●ダチョウ
世界一大きな鳥で、体重は約125kg、頭高は2.5mほどになる。空は飛べないが、強じんな足を持ち、時速60kmで10分間以上走ることができる。足の指は2本で、1本は大きくて弾力があり、もう1本は小さくて、体のバランスをとる役目を果たしている。

興奮して飼育員さんを追いかける群れのリーダー、ダン君。
 
東武動物公園 飼育員 山田篤さん

Vol.7 気分屋のダチョウたち

 繁殖期には気持ちが高まり、飼育員を追い掛け回すダン君。強気で威嚇するわりに、それが無駄だと分かった途端に逃げるノーマルちゃん。園のダチョウたちは個性的です。
 同居するバーバリーシープのタハト君に、たまにキャベツをこっそり横取りされます。それに気づくと、怒って追い掛けますが、長い間走っていると「あれ、なんで走っているんだっけ?」と、忘れてしまうことも。そして、そのすきにまたキャベツを取られる、間抜けな一面も魅力。
 ダチョウにも人の好みがあるようで、1人の飼育員を集中的に威嚇したり、追い掛けたりしています。しかし、移り気なのか、昨日は威嚇していたはずなのに、今日は求愛のダンスをするなど、彼らの心を理解するのは難しいなと思う今日このごろです。

写真・取材協力/東武動物公園 イラスト/大島未来
※動物の展示は、成長に応じて変更になることがあります。

< 戻る