おやこCAN > 特集:家族で話そう!決めておこう!地震のときの行動マニュアル
商品名で探す くわしく検索

特集 家族で話そう!決めておこう!地震のときの行動マニュアル

子どもが園にいるときに地震が起こったら…

まずは自分の身を守ること

すぐに子どもの元に駆け付けたい」と思うのが親心ですが、無事に再会するためにも、まず自分の身を守りましょう。特に園から離れた場所で被災した場合、むやみに動かないこと。大きな地震の後には、大きな余震も起こります。余震で建物が倒壊し、窓ガラスや壁材が落ちてくることもありますし、火災が起きる可能性も。動くほどリス クが高まることを覚えておきましょう。「園での安全が確保されているなら必ず会える」と、落ち着いて考えることが大切です。

子どもによく話しておく
大きな地震があった後は、すぐに 迎えに行けないことを普段から子どもに話しておきましょう。「時間がかかっても必ず迎えに行くから、先生と一緒に待っていてね」 と約束しておけば、子どもを必要 以上に不安にさせずに済みます。

子どもによく話しておく
●保護者が迎えに行くまで、子どもを保護してもらえるか
●園に食糧などの備蓄が十分にあるか
●どんなとき、どの避難所に移動するか
●安否確認の方法
などを園に確認しておきましょう。 園に話をすることで、園の地震に対する意識もより高まるでしょう。

子どもによく話しておく
保護者からの電話が殺到すると、重要な電話がつながりにくくなるだけでなく、園の先生方がその対 応に追われ、子どものケアに支障 が出ることも考えられます。地震 直後は、園へ直接電話するのは避けましょう。
※園でルールが決まっている場合は、それに従ってください。

子どもによく話しておく
大きな地震があった後は、すぐに 迎えに行けないことを普段から子どもに話しておきましょう。「時間がかかっても必ず迎えに行くから、先生と一緒に待っていてね」 と約束しておけば、子どもを必要 以上に不安にさせずに済みます。

子どもといるときに地震が起きたら… 場所別・対処法

大きな揺れが来たとき、子どもと一緒に正しく行動できるよう、場所別の対処法を覚えておきましょう。

家の中では・・・
  • 窓ガラスや照明器具のそばから離れて、揺れが収まるのを待つ。できれば、玄関や廊下など物が少ない所が安全。
  • 揺れている間は、火のついたコンロに近づかない。
  • 近くにクッションやまくらなどがあれば、それで頭を守る。
  • トイレや浴室にいるときは、その場で揺れが収まるのを待つ。閉じ込められないよう、揺れている間にドアにスリッパや洗面器を挟む。その際、ドアに手指を挟まないよう注意する。
  • 子どもに覆いかぶさるような姿勢をとって、落下物から身を守る。
POINT! 3歳以上は「ダンゴムシ」のポーズがとれるように。こんな姿勢で子どもを守ろう! ※2歳くらいまでの小さな子どもは、おしりを抱えてしっかり守ります。
街の中では・・・
  • 上から窓ガラスや看板などが落ちてこないよう、建物がない広い場所や比較的新しいビルに逃げ込む。
  • 自動販売機や電柱、ブロック塀、看板など倒れる危険のある物、コントロールの利かなくなった走行中の車やバイクに注意する。
 
スーパー・デパートでは…
  • 陳列棚やショーウインドーなど、凶器になるおそれのある物から離れる。
  • 買い物かごで頭を守る。
エレベーターの中では・・・
  • すぐにすべての階のボタンを押し、開いた階で降りて、階段で避難する。
  • 閉じ込められたら、慌てずに、非常通報ボタンや非常電話で救助を求める。
車の運転中は・・・
  • 揺れにハンドルを取られないように注意する。
  • 急ブレーキを避け、ゆっくりと左に寄り、安全な場所に車を止める。
  • 駐車後はラジオで地震情報や道路情報を収集し、車の中で待機するか、車を置いて避難するかを判断する。
  • 車を置いて避難する場合は、空き地や空き駐車場に移動し、緊急車両の通行を妨げないようにする。
電車やバスの中では・・・
  • 急ブレーキに備えて、両手でしっかり手すりやつり革につかまる。急ブレーキを感じたら、しゃがみ込んで、子どもの体を抱き込むようにする。
  • 慌てて外に飛び出すと危険なので、乗務員の指示に従う。
海・川では・・・
  • すぐに海や川から離れ、高台や高い建物に避難する。
POINT!「津波避難場所」「津波避難ビル」の案内板をチェックしておこう。
レジャー施設では・・・
  • 動物のおりや案内板などの、倒れてくる危険のある物から離れる。
  • 乗り物に乗っているときは、慌てず係員の指示に従う。
  • 人の流れに子どもがさらわれないように抱き抱え、人混みを避けて広い場所で様子を見る。
POINT!普段から、はぐれたときの待ち合わせ場所を決め、園内マップに印を付けて持ち歩く習慣を。

バッグに非常用品を

普段から、外出するときには非常用品を持ち歩くようにしましょう。小さな懐中電灯やマスク、ホイッスル(異常を知らせる笛)、携帯電話の充電器、ちょっとした飲食物などは最低限バッグに入れておきたいもの。子どものためには、好きなおもちゃや絵本などを。特に年齢の低い子の場合、ぜひ用意しておいてほしいのが抱っこひもやおんぶひも。避難するとき、はぐれないようにするのに役立ちます。

※ゼリー飲料は栄養と水分が同時にとれて、かさばらないのでお勧めです。
※電池式、もしくは、手回し式の充電器もあれば安心です。

もしもの災害に備えよう!おすすめ防災グッズ
防災ずきん カラー個人用防災セットその他のグッズ
いざというときのために… 準備&心得