おやこCANトップ > 動物園日記
商品名で探す くわしく検索

動物園日記 「動物園日記」では、飼育員さんに聞いた、動物たちのとっておきの話を紹介します。

今回の主役はワオキツネザルのフジ君とツクシ君

●ワオキツネザル
マダガスカル島南部の乾燥地や川辺の林に住み、約20頭の群れで生活をしている。サルの世界では珍しくメスが強く、群れのボスはなんとメス。動物園ではにおいづけに、木や壁におしりをすりすりしたり、両手を広げて日光浴をするユニークな行動が見られる。

おなかを出して居眠りするフジ君
 
東武動物公園 稲葉さん

Vol.1 年の離れた名コンビ

園の群れでいちばん年上で、とても優しいサルのフジ君。子ザルたちに大人気で、年下のカンナちゃんやモモ君が初めて園に来たときには、2頭を我が子のようにおんぶしていました。そのカンナちゃんに息子のツクシ君が誕生すると、子育ても手伝ったんですよ。
フジ君は今もツクシ君がかわいくてなめまくるので、ツクシ君にはときに「ちょっと…」と思われてしまうようです。近ごろはツクシ君がしつこくちょっかいを出すことも。フジ君は「やめて〜」とたたこうとしますが、パンチがスローなので、まんまとツクシ君に逃げられています。園で「ンーンーア〜」と独り言を言うサルを見たら、それがフジ君! 優しくおちゃめなフジ君と、やんちゃなツクシ君。これからもずっと仲良しでいてほしいですね。

取材協力/東武動物公園 イラスト/大島未来
※動物の展示は、成長に応じて変更になることがあります。

< 戻る