おやこCANトップ > 動物園日記
商品名で探す くわしく検索

動物園日記 「動物園日記」では、飼育員さんに聞いた、動物たちのとっておきの話を紹介します。

マントヒヒ。名前は有名だけど、どんなサルか知って
いますか? 今回は、立派なマントを持つキング君
を紹介します。

●マントヒヒ
アフリカ北東部のエチオピアからソマリアに分布。アカシアの葉や花、果実や草などの植物を主に食べる。1頭の雄と複数の雌、その子どもからなる、「クラン」と呼ばれる家族で行動をしている。雄は体が大きく、雌は雄の半分ほど。

キング君たちの飼育場は大好物の葉っぱでいっぱい!
 
東武動物公園 飼育員 山田篤さん

Vol.6 裏の顔を持つ立派な王様!?

 雄6頭、雌5頭の群れで暮らす園のマントヒヒ。その中でいちばん目立つのがキング君です。雄のマントヒヒはその名のとおり、肩から背中にかけてマントを付けているような毛が生えます。この毛が立派=群れの中で強いということなのです
が、キング君の毛はピカイチ! まさに群れの王様なのです。
 お客さんの前でもその姿勢は変わらず、いかにも偉そうなキング君。広場の真ん中に腰を下ろし、気にいらない人がいるとじろりとにらんで、とがった歯を自慢げに見せます。 
 しかし実は、そんな彼にも裏の顔が……。夕方部屋に戻ると、大きな物音がしただけでびっくり。驚くと、だれよりも先に雌の後ろに隠れるんです。キング君はそんな二面性のギャップが楽しい王様です(笑)

取材協力/東武動物公園 イラスト/大島未来
※動物の展示は、成長に応じて変更になることがあります。

< 戻る